読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杉崎賢次郎の365日旅

杉崎賢次郎が日本全国で発見した驚き、楽しみを感じることができるものを日々お伝えしていきます。

杉﨑賢次郎 コンパクトカーのススメ

車に関するお得な情報を発信している、杉﨑賢次郎です。

車を選ぶ時どのようなものを選ぼうか悩む人も多いかもしれませんが、悩んだときにはコンパクトカーがおすすめです。
理由としては経済的でそれでいて必要十分な性能を持っていますから、どこに行っても困るということがないので便利です。
経済性だけの面で見れば軽自動車というのは非常に有利なのですが、軽自動車の場合どうしても非力さというのが目立ってしまいます。
通勤や通学、あるいは近所の買物だけに使うというのであれば非常に優れた道具とはなってくれるのですが、メインで使う分にはやはり少し力不足ということになってしまいます。
もちろん、軽自動車で足りない場面というのは普通に暮らしていて遭遇するような機会はほとんどなく、あるとすれば5人乗ることができないというぐらいです。
実際に車に5人以上乗ることがある機会というのはそれほど多いものではないので、それほど大きなデメリットではないのですがいざという時に5人乗ることができるのと、乗ることができないのとでは大きな違いがありますから軽自動車の最大の欠点は5人乗ることができないということになります。

このように軽自動車は普通車と比較をするとわずかに足りない部分が多く、経済面のメリットは大きいものの実際に使用をしていると少しずつ不満を感じてしまうことも少なくありません。
逆にコンパクトカー以上の普通車だと、ミニバンといった広さが必要なのであえてこのような車を選ぶというのでなければ、持て余し気味になってしまうというものがあります。
普通に使う分には軽自動車であっても問題なく使うことができるわけですから、ある程度性能のある普通車というのは少しオーバースペックな面があるといえます。
性能に余裕があるのは良いのですが、余裕ができる分だけお金がかかりますからそれに見合った金額のあがり方をしているかというと車好きでもない人からすれば余計にお金がかかってしまうということになります。
そのため、バランスで言うのであればコンパクトカーを選ぶのが一番選択肢としては最適なのです。

コンパクトカーは普通車の中では経済的ですし、車体が小さいので取り回しもしやすく狭小路であっても運転しやすいという利点があります。
それでいて最近のものは車内が広々としていますから乗っていて狭さを感じることはありませんし、パワーに関しても軽自動車と比較をして余裕がありますから高速道路など使って遠出をする分にしても不満を感じるようなことはありません。
いざという時に5人乗ることができるというのも非常に大きな強みとなっていますから、悩んだときにはコンパクトカーがおすすめということになるのです。
用途がはっきりしているのであればより上の車でも良いですし、逆に必要最低限の軽自動車も良いのですが、その点がはっきりしない場合にはバランスでコンパクトカーを選んでみるのも良いですよ。

以上、車に関することでお役に立ちたい杉﨑賢次郎でした。